事業パートナー募集

about

河川防災ステーション・川の駅とは

万一の災害時には、災害復旧の拠点「防災ステーション」となり、

平常時は狩野川の水辺の自然を活かした「憩いの場」となる施設です。

  • 河川防災ステーション
  • 川の駅

地域の人々の生命と暮らしを守る

狩野川塚本地区 河川防災ステーション

狩野川塚本地区

河川防災ステーション

水防活動に必要な土砂などの緊急用資材の備蓄や、資材の搬出入やヘリコプターの離着陸などのためのスペースを確保するための施設です。
函南町と連携して水防活動を支援したり、災害が発生した場合には災害復旧拠点になります。
  • 水防多目的センター

    水防活動・復旧活動の拠点として、水防団等の詰め所や情報収集等に利用されます。

  • 備蓄資材

    洪水時には、崩れた堤防の緊急復旧に利用するための土砂・ブロックが備蓄されています。

  • ヘリポート

    上空から被害状況を確認したり、救助活動・資材運搬などに使用されます。

  • 堤防道路

    土砂やブロックなどの復旧資材などを運ぶ車両のための道路として利用されます。

狩野川で、あそぶ!まなぶ!つながる!

川の駅
「伊豆ゲートウェイ函南」

大きな洪水に備えた「高水敷(こうすいじき)」を利用して整備されました。狩野川の水辺の自然を活かした「憩いの場」であり、函南町と狩野川をつなぐ「かわまちづくり拠点」であります。
あそぶ
富士山を望みながら、カヌーやサイクリング、ウォーキングを楽しんだり、ドックランや川遊びをしたり、狩野川の豊かな自然を満喫できます。
まなぶ
水辺の生き物について学んだり、防災について理解を深めたり、狩野川や地域のことを、もっと知ることができます。
 
つながる
地域の人々の暮らしと狩野川をつなぐ「かわまちづくり拠点」として、様々なイベントや交流の場として、利用することができます。